読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たしかに、よしたに。

あんな人やこんな人について、考えたことを書きます。すこしでも「たしかに」となりますように。(よしたにごろう)

「実食!」「‥‥参りました」と言う人について。

2週間まえくらいだったでしょうか。

食わず嫌い王決定戦」を

たまたまテレビで観ました。

 

ゲストは、水谷豊さんと水原希子さん。

(ずいぶんと「水」っぽいですね)

コーナーのあたまから観ていて、

1品ずつ「大好物」を食べていくわけですが、

 

‥‥わかるんです。

 

つまり、その、

「あ、この人、これ嫌いだな」

というのを食べた瞬間に感じました。

 

そして、やはり結果は、ぼくの予想どおり、

水谷豊さんは「ケジャン」が苦手で、

水原希子さんは「羊のチーズ」が苦手だった。

(水原さんの勝利でした)

 

たまたま今回だけかもしれません。

台本どおりかもしれません。

でも、ボーっと観ていましたが、

たしかな根拠のようなものがありました。

 

それは、

 

「美味しそうに食べていた」

 

ということ。

(俳優・女優さんだから? )

 

嫌いなものを食べるから、

それを隠すためにすこしだけ「嘘」をつく。

マイナスだったものを0にすればいいのに、

それ(苦手であること)を意識しすぎて、

0ではなくプラスになってしまう。

 

こういうこと、普段の生活でもある。 

話はすこしだけ変わりますが、

昔、どこかで聞いたこんな話。

 

「あなたの強みはなんですか?」と

ある人に尋ねたとき、

みずから答えたその「強み」は、

実はその人にとっての「弱み」である、と。

 

逆説的で「ホンマかいな」なのですが、

ぼくは、わりとその通りだと思っています。

 

たとえば、かのイチロー選手に

「野球におけるあなたの強みは?」と訊くと、

ぼくたちは「足が速い」とか

「肩が強い」とか「打撃がうまい」

という答えを期待するかもしれない。

 

でも、本人にとっては

そんなの「あたりまえ」すぎて、

もっと意識的に克服しようとしている、

「日々のコンディショニング能力」と

答えるかもしれないということ。

 

‥‥あれ。わかりづらいですか。笑

 

もっとストレートに表現すると、

あんまりお金を持っていない人ほど、

「お金があるように見せる」し、

あんまり若くて綺麗じゃない人ほど、

「ワタシって若くて綺麗でしょ」と

アピールする傾向がある、ということ。

 

今のじぶんに100%満足している人なんて、

そうそういないと思います。

だからこそ、実際のじぶんとはちがうけど、

「こう見られたい」という欲がわいてくる。

 

食わず嫌い王決定戦」を観ながら、

そんなことを考えていました。

 

それはさておき、このコーナー、

「王決定戦」というわりには、

いつ「王者」が決まるのでしょう?

 

笑点』の「座布団」とおんなじで、

とくに枚数(1位決定)には興味がない、

ということなのかなー。

 

(たしかに、よしたに。)