読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たしかに、よしたに。

あんな人やこんな人について、考えたことを書きます。すこしでも「たしかに」となりますように。(よしたにごろう)

インタビューを受ける人について。

「お供え物がヤクルトから
    ビールになりました。
    いつも見守っていてくれて
    ありがとうねって伝えました」

1月17日。
原宿にある定食屋で
サバの味噌煮を食べていたら、
こんなことばがテレビから流れてきた。

当時1歳だった孫を亡くしたおばあちゃんの
インタビュー映像だった。

このおばあちゃんにとって、
1歳だった孫がどんな存在であったのか、
いま、どんなきもちで暮らしているのか、
どれくらいの月日が過ぎているのか‥‥

このひとことに、
それらすべてが表現されていて、
多くの人の共感を生むことばだと思った。

どんな小説家やコピーライターが、
「気の利いたことば」を書いても、
「ほんとうに思っていること」には、
絶対にかなわないなぁと思った。

おばあちゃん、
心を揺さぶることばを
ありがとうございました。

ひ孫の顔を見るまで、
長生きしてくださいね。

ご冥福をお祈りいたします。


(たしかに、よしたに。)